ホーム > 会社情報 > トップ挨拶

トップ挨拶

代表取締役社長  宮下 英之
代表取締役社長 宮下 英之

当社は、1977年事業開始以降、2002年に株式会社CSK(現SCSK株式会社)100%出資子会社の福岡CSKとしてスタートいたしました。
2011年、SCS・CSK合併によるSCSK株式会社 発足に伴い、2015年にSCSK九州 株式会社と社名変更しております。
2021年10月度より、SCSKグループ再編によりMinoriの九州地域向け事業を統合いたしました。

日本経済においては、企業の業務デジタル化、働き方改革、危機管理等に対するIT活用が本格化しており、加えてWith/Afterコロナに伴うビジネスモデル変革を目的としたIT投資需要の拡大も見込まれております。
特に九州地区をはじめとする地域経済では、労働生産性の向上、デジタル化への対応等、IT活用に向けた環境整備が急務となっており、地域活性化に向けた新たな価値の創出が求められております。当社はSCSKグループ各社との強固な連携をはかりグループの持つ豊富なサービスやソリューションと、当社の強みである5つの事業を活用し、九州地域の地場企業向けビジネスの拡大、地域特有のDX事業の創出等に取り組みを加速し、その中で生まれるお客様・マーケットとの共創を積極的に推進します。

【当社5つの事業】

  • 組込システム開発事業
  • ビジネスシステム開発事業
  • SCSKオフサイト開発事業
  • 電力事業者向けシステム開発事業
  • ITインフラ構築・マネジメント事業

当社は中長期的に売上100億円規模、九州NO.1 ITサービス企業を目指してこれからもお客様の事業発展・九州経済の持続的成長に貢献してまいります。

ページトップへ