ホーム > 製品・サービス > ロボットSI(iPERFORM)

ロボットSI(iPERFORM)

iPERFORM(簡易ロボットスクリプト言語)

安川電機製ロボット MOTOMANをもっと手軽に扱えたら

安川電機のロボット 「MOTOMAN」シリーズは自動車産業を中心とした製造業で溶接や塗装などに多く使われています。
また、非製造業向けにも注力していて非製造向けアプリ開発言語MotoPlusを発表しています。

また、非製造業向けにも注力していて、高級言語であるC言語をベースとしたアプリケーション開発言語MotoPlusを発表しています。

iPERFORMを使うことで

・アプリが拠点で簡単に試作可能
・インタプリタ方式ですのでアプリを現場で変更、すぐ確認

など、皆さんの“こう出来たらいいな”を実現しています。

また、INFORMに似た構文ですのでなじみやすいというのも大きなポイント


基本動作ビデオ

ここではdemo00というiPERFORMスクリプトをTelnet経由でシミュレーション環境上で動作させているところです。iPERFORMだけでロボットアームの動作可能です。

実行環境

実行環境はご利用時の状況に併せてご用意しています。

試作・検証、デバッグ時

試作・検証、デバッグ時

稼働時

稼働時

iPERFORMの特徴

高生産性

Cで同じことをするのと比べて約1/10程度の記述量

高生産性

高い可読性

実行内容をストレートに表現、理解が容易

高い保守性

現場主導でリアルタイムに対応

即効性

コンパイル不要、すぐに実行

即効性

高性能

iPERFORMだけでINFORM(移動命令)同等の補間動作が可能(このためジョブが不要です)

システム保護

スクリプトを通じた実行のため,(自由度の高い)C言語による記述と比較して、システムソフトウェア保護の面で優れています

iPERFORMお問い合わせ

iPERFORMは近日発売予定です。
安川製ロボットをお使いの方でiPERFORMを試してみたい方、ぜひご連絡ください。
試供版の提供が可能です。

TEL:092-686-7373(組込システム部 担当:持永、吉元、石井まで)
E-mail:iperform@scsk-kyushu.co.jp

ページトップへ