ホーム > 製品・サービス > mruby IoTフレームワークPlato

mruby IoTフレームワークPlato



フレームワークPlatoはmrubyで作られたIoTアプリ開発フレームワークです。

IoT開発にはハードウェアからネットワーク、データの取り扱いからサービス連携などに関する幅広い知識が必要です。 しかし、一企業や個々の技術者ですべて網羅することは難しく、企業の連携や共創が必要ですが、簡単には実現しません。
Platoはフレームワーク化を通し、これらの課題に対応します。
●このフレームワークを用意するだけで,誰でもすぐにIoT開発を開始できます。
●このフレームワークだけで,アプリケーションを試作でき,シミュレーションと実機(マイコンボード)による動作検証を短時間で完了できます。


本フレームワークはmruby(国産のプログラム言語Rubyを軽量化し,組込みソフトウェアでの利用を可能とした実装)を利用し, mrubyの持つ「開発者にとって開発しやすい」「異なるハードウェアへの移植が容易である」という特徴を活かしています。
このフレームワークはシンプルモードとカスタムモードで構成されています。

  • シンプルモードはいくつかの質問に答えていくことでIoTアプリケーションを自動生成します。
    例えば
  • 使うセンサーは? 温度センサー
  • どういうタイミングでデータを取りますか? 10分おき
  • センサーの値をトリガーにして何を行いますか?
    30度以上になったらメールを送信 など
Platoシンプルモード画面
図1:Platoシンプルモード画面

ここで作成されたプログラムは下記に紹介するボードを使うことで実際に動作させることが可能です

  • カスタムモードは更に進んだ開発をしたい技術者向けです。ライブラリなどGemを選択したり拡張ライブラリを取得したりしながら自由にアプリ開発をして頂けます。


本フレームワークは以下の様に構成されています。

ハードウェア

●IoTで想定されるセンサとネットワークのインターフェースを持つボード

  • 環境センサとして,温度センサ,照度センサを搭載し,さらにI2Cインターフェースによるセンサモジュールを拡張可能
  • 標準的なネットワークとして,WIFI,ZigBee,BLEを搭載しています
拡張ボードWhite-Tiger
図2:拡張ボード White-Tiger

●フレームワークで実現するソフトウェアを搭載し,動作可能な小型マイコンボード

ソフトウェア

●上記のハードウェアを使った総合開発環境(IDE)
このIDEは無償で提供します。

フレームワークPlato 構成図
図3:フレームワークPlato 構成図

これに加えて今後IoT開発で重要となるセキュリティ対策についても取り組んでいます。
このフレームワークでは以下のセキュリティをオプションとして有償で提供します。

  • ソフトの流出を防ぐ暗号化
  • 不正なソフトの混入を防ぐ認証
フレームワークPlato セキュリティの仕組み
図4:フレームワークPlato セキュリティの仕組み

フレームワーク上で作成されたIoTアプリはそのまますぐに製品化という訳にはいきません。 mrubyアプリケーションはVMのポーティングを行うことで様々な環境(OS,ハードウェア)で動作しますので試作アプリが無駄になることなく効率よく製品化につなげて頂けます。

フレームワークPlato お問い合わせ先:

Tel: 092-686-7374 組込みシステム部 サービス・イノベーション 石井、三牧まで

Mail: plato@scsk-kyushu.co.jp

ページトップへ